見た目は普通なのに体脂肪率が高い原因は?

体脂肪率が高い人が多くいます。体脂肪率が高くなる原因は、簡単に説明すると食事から摂取したカロリーが消費カロリーよりも上回っているからです。日々の生活に運動を取り入れることが、肥満傾向にある体の体脂肪率を減らす重要なカギになります。

 

最近、痩せて見えるのに体脂肪率が高いとなげく人が多いことに驚かされます。確かに測ってみると、肥満傾向なのです。見た目が普通なのに数値が高い人の場合、内臓脂肪型肥満である可能性が高いです。内臓脂肪型肥満とは、腸のささえる膜に脂肪が多いことを差します。

 

太っている人よりも、見た目が普通である人の内臓脂肪型肥満は、生活習慣病になる確率が高いようです。高血圧や糖尿病などの代表的な生活習慣病になってしまったら、人生を悲しいものにしてしまう危険があるので、改善することが大切でしょう。

 

体脂肪率の基準値は?

 

体脂肪率を計測するのに、いまは体脂肪率も測れる体重計にのって計測する人も多いでしょう。体脂肪率は、年齢や性別によっても違ってきますが、男性の場合ですと10〜19%・女性なら20〜29%なら基準値と言えるでしょう。男性ならば20%を超えると、肥満傾向に見えてしまいやすいです。

 

体重計で測れる体脂肪率は、体全体の体脂肪を計測してしまうので、自分が内臓脂肪型肥満かどうかは正しくは分かりません。内臓脂肪率が高いかどうかを詳しく測るには、病院のCTやMRIで測るしかありません。

 

詳しくは測れませんが、おおまかに内臓脂肪を測る方法もあります。腹囲をメジャーで測り、男性85cm以上・女性90cm以上は内臓脂肪型肥満の可能性があると判断できます。

 

体脂肪率を減らす!内臓脂肪の減らし方

 

体脂肪率を落とす方法の王道は、運動をすることです。運動なら激しい運動よりも、有酸素運動であるウォーキングで十分に減らせます。食事なら、米やパンなどの炭水化物を控えることも効果的です。

 

皮下脂肪と同様に、内臓脂肪を減らすには運動が良いでしょう。内臓脂肪を減らすのに重要なのは、筋肉をつけ基礎代謝をあげることなのです。

 

基礎代謝とは、椅子などに座っていても体が勝手に消費するエネルギーのことを言います。人間の体は生命を維持するために、じっとしていても大量のエネルギーを消費してしまうのです。内臓脂肪を減らすには、筋肉をつけ基礎代謝をUPさせることが大切になってくるのです。

 

体脂肪率を下げるためにプロテインを摂ると効果的?

 

プロテインを飲むことによって、体脂肪率を下げることは効果的は方法です。プロテインは筋肉をつくる薬だと思っている人が多いですが、正しくは必要な栄養を効率的に摂ることができる食品です。プロテインは飲んでも太りません。一食あたりのプロテインのカロリーは、おにぎり1個分よりも低いカロリーだからです。

 

食べる量を急激に減らすと、たんぱく質が不足し筋肉も落ちてしまいます。結果、基礎代謝まで落ちてしまい、体脂肪を減らすのを妨げることになってしまいます。プロテインに含まれる良質なたんぱく質が、筋肉の維持に役立ちます。運動と適度な食事制限、それにプロテインを飲むことにより体脂肪率は減るのです。

 

体脂肪を減らす成分

 

防風通聖散は、体脂肪を減らす効果のある漢方薬で有名です。医師が肥満傾向にある人にすすめることでも有名です。

 

ラクトフェリンは、体脂肪を減らすサプリとしてとても有名です。大手企業であるライオン株式会社が製造している、知名度の高い人気商品です。

 

まとめ

 

脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。生活習慣病の原因になりやすいと危惧されているのは、内臓脂肪型肥満の方だと言われています。体脂肪率は男性なら20%未満で女性なら30%未満が基準値以内です。

 

脂肪を減らすには、筋肉をつけて基礎代謝を上げる必要があります。運動と適度な食事制限、それにプロテインを飲むことによって、筋肉を減らすことなく基礎代謝を向上させ体脂肪を効率的に減らせます。体脂肪を減らす漢方薬である防風通聖散や、内臓脂肪を減らすのを助けるライオンのラクトフェリンなどを飲んでみることもおススメします。