加齢とともに内臓脂肪が増えやすい

身体にとって必要でもあり不必要でもある内臓脂肪ですが、年齢とはどういった関係があるのでしょうか。実は、内臓脂肪は年齢によって溜まり方が変わってくるのです。

 

これは、人間が元々持っている基礎代謝量というものが年齢と共に減少していくからなのです。基礎代謝とは、人間が快適な温度で空腹の状態で何もしていないときに消費するエネルギー量のことを言います。

 

どんな状態でも人間の身体は、最低限の生命維持のための活動を行っているのですが、この活動のために使うエネルギーのことを基礎代謝というのです。

 

ですから、中年太りという言葉がありますが、若い頃と食事量が変わらないのに、基礎代謝が落ちてくることが原因で体内の脂肪が燃焼せずに蓄積される量が上回っている状態であることが考えられるわけです。

 

元々の基礎代謝はあげようがありませんが、身体にある筋肉の量を増やしてあげれば基礎代謝は向上していきます。ですから、年齢による基礎代謝の減少は運動でカバーしてあげるようにするといいでしょう。

 

こうしてあげれば、内臓脂肪の蓄積を防止することができる上に、ダイエットにもなりますし、何よりも身体にとっていいものです。基礎代謝は40代になると急激に減少していくため、この年齢を超えている人は、特に運動と食事についてしっかりと考えていかないといけません。

 

特に、食事についてはかなり真剣に考えてあげる必要があると思います。内臓脂肪は健康に不安を及ぼす要因にもなりますので、十分に注意してあげましょう。