内臓脂肪と糖質・脂質

内臓脂肪と糖質・脂質には関係があります。まずは、脂質です。脂質は内臓脂肪を溜めないようにするためにも、取りすぎに注意する必要があります。

 

脂質のエネルギー量といったら、たんぱく質や炭水化物の倍以上のエネルギー量があるので、消費させるだけでも大変なのです。もちろん、脂質は人間が生きていくためにも大切なエネルギー源になるわけですが、過剰摂取になるとかえって問題になってしまいます。

 

それに脂質の取りすぎはエネルギーオーバーとなってしまうため、それだけで内臓脂肪を溜め込みやすい身体になってしまいます。そのなかでも注意しておきたいのは動物性の脂質です。

 

肉を食べるなら、牛や豚の赤み、鳥のささみなどにしましょう。まだ脂質が少ないからです。それから、糖質の摂り過ぎにも注意しなければなりません。こちらも同じく内臓脂肪を溜め込んでしまうことになります。

 

糖質には単糖類、二糖類、多糖類といった種類がありますが、この中でも単糖類と二糖類の摂り過ぎに注意しなければなりません。毎日ケーキやクッキーを食べ続けているような人は、生活習慣を一度見直すようにするといいでしょう。

 

糖質も脂質も、身体にとっては非常に重要なものなのですが、摂取しすぎてしまうと身体に対して悪影響を及ぼしてしまう結果を招きかねません。

 

内臓脂肪の蓄積は、時に命の危険もあるような深刻な病気を引き起こす可能性もあるため、日々の食事管理はしっかりと行うようにしましょう。

内臓脂肪と糖質・脂質関連ページ

内臓脂肪の原因
内臓脂肪が増える生活習慣