内臓脂肪が増える生活習慣

内臓脂肪が増える生活習慣として考えられるのは、やはり油ものやファーストフード、インスタント食品などを中心とした食生活が第一に考えられると思います。

 

こういった食事をたくさん摂っているにも関わらず、野菜の摂取量が極端に少ないといった人は以外に多いと思います。こういった食生活は内臓脂肪を増やしてしまいます。

 

また、これに加えて食事の回数が少ない人、食事の時間がばらばらな人、一度に食べる量がとても多い人、寝る直前でも食べるような人。こういった食生活は確実に内臓脂肪を体内に溜め込んでしまいます。

 

こういった食生活に覚えがある人は、まずは食生活自体を見直す必要があるでしょう。肉や油は身体にとっては重要なエネルギー源になるので、決して食べてはいけないことはありません。

 

しかし、摂取しすぎてしまうと、それは無駄な脂肪として体内に蓄積されていってしまうのです。皮下脂肪であればまだ問題は少ないのですが、内臓脂肪となってくるとどうしても体内に悪影響を及ぼしかねないのです。

 

そして、こういった食生活に加えて運動不足の場合は最悪です。内臓脂肪は特に有酸素運動で消費されやすいのですが、この運動もできていない場合、内臓脂肪が消費される場所がないため、一方的に蓄積されていくことになってしまうのです。

 

まずは、一日のうちに少しの時間でもいいので身体を動かす週間を身につけることが非常に重要となってきます。理想としては、バランスの取れた食生活と適度な運動をすることです。

内臓脂肪が増える生活習慣関連ページ

内臓脂肪の原因
内臓脂肪と糖質・脂質