内臓脂肪減らすサプリメントランキング

お腹周りに溜まった脂肪、
内臓周りについた脂肪を落としたい!

 

当サイトはそんな悩みをお持ちの方にピッタリな余分な内臓脂肪の低減に効果的なサプリを紹介しています。

 

内臓脂肪を減らすには代謝をアップさせる燃焼系成分や体内の巡りを良くするサラサラ成分を摂取すると効果的といわれています。

 

これらの成分は普段の食事から一定量摂ることは難しいとされるためサプリで補うのがおすすめです。

 

シボヘールの特徴

シボヘールは、お腹の脂肪を減らす葛の花由来イソフラボンを配合した機能性表示食品になります。葛の花由来イソフラボンは、BMIが25〜30の肥満気味の方を対象にした試験の結果、内臓脂肪が平均8?・皮下脂肪が平均13?減少した作用があることが判明しています。葛の花由来イソフラボンは、体内に取り込まれると脂肪の合成・分解・燃焼などをサポートする働きがあります。シボヘールは科学的根拠に基づいた内臓脂肪を落とすサプリメントです。

価格 980(税込)円
評価 評価5
備考 初回980円!

 

きなりの特徴

きなりは、代謝機能を促進する血液サラサラ効果のあるDHA・EPAを高配合したサプリメントです。DHA・EPAに加えナットウキナーゼやアスタキサンチンも含まれているため、体への吸収力・浸透力が違い確かな効果を実感できます。また、魚臭さのない飲みやすいサプリに仕上がっているため、苦手な人でも安心。

価格 1980(税込)円
評価 評価4.5
備考 返金保証付
きなりの総評

お腹周り、内臓周りの脂肪が気になり始めた人におすすめ。今なら当サイトからモニターコースの申し込みが可能とお得に購入できます。

 

生漢煎 防風通聖散の特徴

生漢煎 防風通聖散は、溜まりがち、減らすのに苦労する脂肪の分解・促進を促す生薬を配合した漢方になります。防風通聖散を含有した漢方は多く市販されていましが、満量処方4500mg含有したものは希少です。年齢とともに衰えがちな代謝量を高め、余計な内臓脂肪をため込まない!当サイトより今なら初回半額の購入が可能です。

価格 3900(税抜)円
評価 評価4
備考 初回半額!

 

三黒の美酢の特徴

三黒の美酢は、脂肪燃焼に最適な黒酢もろみ・黒にんにく・黒卵黄油の3つを配合したダイエットサプリメントです。3つの成分の相乗効果により体に蓄積されがちな脂肪分の排出を促進。中でも黒酢もろみには代謝をUPさせるBCAAがたっぷり含まれており、太りにくい痩せ体質を実現できます。

価格 980(税抜)円
評価 評価3.5
備考 初回980円!
三黒の美酢の総評

痩せにくい、すぐにリバウンドしてしまう…など感じている人におすすめ。今なら公式サイトから初回980円購入が可能です。

 

ライオン ラクトフェリンの特徴

ライオン ラクトフェリンは、内臓脂肪を減らす作用が確認されたラクトフェリンを配合したサプリメントです。ラクトフェリンは内臓脂肪を減らすサポートに加え、肥満度の判定に使われる数値BMIの改善にも役立つことが判明しています。結果、機能性表示食品となり、確かな効果を実感できる製品となっています。当サイトから1ヶ月分初回半額(1世帯1個限定)で購入できます!

価格 6060(税別)円
評価 評価3
備考

 

 

売れてる内臓脂肪サプリの比較!

商品名 主成分 初回価格 おすすめ度
シボヘール 葛の花由来イソフラボン 980円(税込)※機能性表示食品
きなり DHA&EPA 1980円(税込)
生漢煎 防風通聖散 防風通聖散 1980円(税込)

一番売れてる内臓脂肪サプリを見てみる!

 

内臓脂肪とは

 

内臓脂肪という言葉を聞いたことがあると思います。これはいったいどのようなものなのでしょう。内臓脂肪というのは腹筋の内側の壁の腹腔内の脂肪です。

 

この内臓脂肪というのは、内臓への衝撃を和らげる働きであったり、内臓の位置を正常に保てるようにするためのクッションといった働きを持っています。

 

一方では大切なものなのですが、内臓脂肪は付きすぎてしまうととても危険なものになります。実は、この内臓脂肪が多いと様々な健康不安となっているといってもいいでしょう。

 

一般的には皮下脂肪ばかり目にいくことが多いのですが、皮下脂肪自体は見栄えには影響はあるかもしれませんが、健康に対してはさほど悪影響はありません。

 

内臓脂肪は代謝が活発のため落としやすいが付きやすいといった性質であるため、血液中に溶け出しやすいのです。

 

この内臓脂肪の程度をみる基準としては、目安の数値も発表されています。正確に知りたい場合は、体脂肪計を使ってあげるといいでしょう。実は、これがもっとも確実に内臓脂肪の量がわかる方法でもありますので、健康管理に役立ちます。

 

内臓脂肪は、気が付けば身体に蓄積してしまっていることもあります。一見痩せ型の人にもその可能性はあります。日々の健康管理はきちんとすることが大切です。

 

内臓脂肪を減らす生活習慣を身につけよう

 

内臓脂肪を減らす生活習慣というのは、どういったものでしょうか。何は無くとも規則正しい生活が基本になってきます。中でも食生活が重要になります。

 

肉と野菜のバランスをしっかりととることも大切ですし、肉一つにしても、脂肪分が少ないものを選んだりすることも重要です。また、野菜にしても肉より多く食べるようにするといいようです。

 

後は、食事をする時間や量も大事です。食事をする時間については、夜に寝る前に食事をしないようにしましょう。寝る前の食事は身体に溜まってしまい、内臓脂肪を増加させてしまう可能性があります。

 

それから、食事をする量については朝と昼にたくさん食べるようにして、夜は少なめにしましょう。夜の食事は脂肪を溜め込みやすくなる傾向があるためです。

 

朝や昼の食事は、その日に動いているとエネルギーとして消化されるので問題ありません。特に朝は脳の活動のためにも多く食べましょう。

 

それから、適度な運動も大切です。運動といっても内臓脂肪を燃やすための運動ですから、有酸素運動が有効です。

 

有酸素運動の代表格として、水泳がお勧めです。水中の中は強い付加がかかるので、消費エネルギー量は地上とは比べ物にならないくらいに大きいです。

 

しかし、それでも身体にかかる負担は地上よりもはるかに小さいのでかなりお勧めの運動です。泳げない人は、水中ウォーキングでも良いと思います。

 

市営の運動施設などであれば、プールなども気軽に利用できると思いますので、内臓脂肪を減らすだけでなく、日々の健康維持のためにも利用してみるといいでしょう。

更新履歴